仮想通貨の投資で得た利益は税金がかかるの?

いまインターネット上で話題沸騰の金融商品といえば仮想通貨です。

イーサリアムや多くの商品が登場し、初期よりも加熱している中これから仮想通貨取引を始めたいのなら税金を知っておくといいでしょう。
基本的に仮想通貨は現物のない商品ですが、換金手続きを行うと現金化出来るのが特徴です。

数多くある銘柄ですが、どれも現金化出来るので取引をする時は税金の発生に気をつける必要があります。
基本的に仮想通貨は雑所得として扱われ、他の所得のどれにも該当しない存在となっています。この雑所得は課税対象の額が増えると、その分税率が課される特殊なものなので大量の取引をしている人は注意が必要です。

他の給与所得と一緒に税額が計算される仕組みをしていて最大45%分の税金が発生します。

また他の所得のように控除額が設定されていないので、そのままの金額を支払うのが特徴です。
他の所得があるときにはまとめて損益計算もできないので損失の繰越ができない仕組みをしています。

雑所得となっているので当然確定申告も必要になる、利益がいくら発生しても必ず確定申告をしないといけないので覚えておきましょう。

仮想通貨を取引所で他の通貨に替えて利益が発生したら税金は?

これから仮想通貨を取引所で購入したい人はチョット知っておくことがあります。

価値のある通貨なので資産運用の手段として使えるものですが、税金が結構発生するのがネックです。
しかし所有している間はまったく税金を支払う必要がない特徴も持ちます。これはどういうことかというと仮想通貨は所持している間は現金ではないので税金が発生しない仕組みです。

取引所にて換金をした時は銀行の通帳に記入されます。この時点で課税対象になってしまいますが、現金化しなければ税金を支払う必要がない商品です。
他の通貨に変えてしまっても現物のないものなら課税対象にはなりません。

例えば取引所で電子マネーの交換すれば現金化ではないので税金はかからず、電子マネーを使って買い物が可能です。

そのままの状態で商品を購入しても大丈夫なのでネット通販で大いに役立つでしょう。
資産価値があるだけでなく使い勝手も良い金融商品なので購入希望者は必見です。価格も時価により変動するため、上手く利用すれば安く買い物もできます。

仮想通貨はなにかと理にかなっている金融商品なので、取引所を利用して売買してみるといいでしょう。