通貨トレード以外での使い道

仮想通貨の使い道と個人情報

ビットコインの使い道は、FXと同じような通貨トレードによる投資や、ネットショップでの決済などに使用することができます。ビットコインの本来の目的は仮想通貨としての決済手段ですので、ネットショップでの買い物には重宝します。ネットショップでの買い物では、銀行振込やクレジットカード決済、代金引換などで代金を支払うことができますが、ビットコインによる決済に対応しているネットショップだと、商品の代金をビットコインで支払うことが可能です。
日本国内ではビットコインによる支払いに対応しているネットショップや通販サイトはまだ多くありませんが、アメリカなどに本店があるネットショップでは、ビットコインによる決済に対応していることがあります。ビットコインで決済ができるネットショップは増えており、今後もますます増えると予測されます。ネットショップでの買い物でビットコインで代金を支払う方法は、取引所に開設しているウォレットから支払うことになります。ネットショップの中にはビットコインで代金を支払うと商品代金を割引してもらえる場合があります。
海外資本の大手のインターネットショッピングモールのサイトでは、ギフト券をビットコインで購入できるようになっています。大手インターネットショッピングモールが仮想通貨の取扱を開始したことにより、今後は投資目的だけでなく消費でも仮想通貨がますます使用されるようになると予想できます。

取引は個人情報と全く繋がらない

ビットコインは国や団体などが発行している通貨ではなく、電子上だけに存在しているバーチャルな通貨です。政府や銀行が管理をしているわけではありませんが、発行量には上限があります。無尽蔵に発行することができないことがビットコインの信用力に繋がっています。
ビットコインの取引をする際には、取引所にウォレットを開設することが必要になりますが、ウォレットの開設に際しては氏名や住所などの最低限の個人情報だけを提供するだけでよく、詳細な個人情報の提供は不要です。
ビットコインの取引所に開設しているウォレットの残高や取引履歴は全て公開されますが、取引の匿名性が保たれているため、残高や取引履歴が公開されても全く問題はありません。その理由は、ウォレットのビットコインアドレスと個人情報は一切繋がっていないからです。
ビットコインアドレスが公開されても、そのビットコインアドレスは誰のものなのかが一切わからないため、実質的には匿名による取引が可能になります。ただし、取引所だけには最低限の個人情報を提供しているため、取引所の関係者だけはビットコインアドレスの所有者が誰なのかがわかります。しかし、取引所は個人情報保護が徹底されているため、個人情報が漏洩する心配はありません。