人気のチャートmt4はビットコインにも使用可能か?

ビットコインの運用について

ビットコインのような仮想通貨を運用する際には、とにかく相場の変動に注意しなければいけません。
相場は常に変動しており、購入した額に対してBTCが下落してしまう可能性があるからです。

この相場の動きをチェックする作業は、FXと似ています。そこで、FXでよく使われるチャートであるmt4(MetaTrader4)のEAロジックを使用できるかについて説明していきます。

FXでは常にチャートの動きをチェックしなければいけません。
チャートをチェックしてトレードをするのですが、毎日開くものとなると、わざわざ取引所のホームページに行ってログインをするのは面倒です。
そこで、各自の端末からmt4を立ち上げるだけでチャートを見ることができ、さらに売買ができるようになると、投資家として非常に便利なツールとなります。

この点、ビットコインでもこのツールは利用することができます。特別な設定は不要で、インストールすだけで自動的に使用できるようになります。

よく見る画面ですから、当然見やすく扱いやすい方がいいのですが、mt4は、多くの人から支持を受けており、今なお人気のツールですので間違いないでしょう。

ビットコイン取引所「MT.GOX」はなぜ破綻したのか?

ビットコインは近年人気を集めていますが、このビットコインの制度そのものを揺るがした事件があります。それは、MT.GOX事件です。

ビットコインはシステム上で、いくつもの会社によって運営されています。
その会社の一つがMT.GOXです。MT.GOXが事件を起こしたことで、ビットコインに問題があるのではという疑念を持たれがちですが、この場合、MT.GOXだけに問題があったため、ビットコイン制度そのものについては、特に信頼性の低下までにはつながりませんでした。

MT.GOXが破綻したのは、MT.GOXの社長がビットコインを私的に流用して自分の口座に入れたという詐欺まがいの行為を行ったためと言われています。

つまり、会社の内輪でのトラブルなのです。ここで、ビットコイン制度に問題がないといっても、ビットコインを運営している会社には問題がある可能性は残っています。
ですから、会社の選択は慎重に行わなければいけません。この選択は、インターネットで評判を情報収集するなどして判断していきましょう。

はじめのうちは、大手の取引所を選択すれば、詐欺のようなことからは逃れられることができるでしょう。