ビットコインをxmで出金する際に出金手数料は必要?

海外の送金手段としてのビットコイン

海外FX業者のxmを利用するさいの入出金の方法はクレジットカード、ビットコイン、銀行送金の3種類がありますが、海外FXに共通していることとして、クレジットカードやビットコインでの出金はクレジットカードで入金した金額分のみであり、また利益のお金は返金することができません。
ただし出金する際の手数料は無料です。つまりビットコインを使って出金する場合には手数料が発生しませんが、出金できる金額は入金した金額以内という制約があります。
これはどの海外FXを利用しても同様で、よく知られるトラブルのひとつです。

一方でそれ以上のお金、つまり利益を得た分のお金はどのようにして出金するのかというと、銀行への送金となります。このためクレジットカードやビットコインの口座を持っていても、得られた利益分は銀行口座が無ければ出金することができません。つまりいずれにしても海外FXを利用する場合には銀行口座が必要になります。

銀行振込みを利用する場合にも気になるのが手数料ですが、大手海外FX業者のxmの場合には入金時の手数料はxmが負担してくれます。
一方で出金時にも現地での銀行振込み費用はxmが負担してくれますが、中継・着金銀行で発生する手数料は出金刷る側が支払わなければならず、2千円から3千円ほどの手数料が発生します。

ビットコイン取引を行なう上で入金・送金が可能な通貨

ビットコインを使った出入金をする場合には、ビットコインウォレットが必要です。ビットコインウォレットはそれぞれの端末に用意される専用の財布のことで、誰でもそのアプリを手に入れることができます。
海外FX業者とはこのビットコインウォレットと直接やり取りをすることで入出金が可能です。

一方でビットコインウォレットにはビットコインが存在しませんから手に入れる必要があります。一般的には取引所を通じて売却します。
取引所ではビットコインを売りたい人と買いたい人がそれぞれ注文を出し合っており、それらから購入することができます。

ビットコインはあらゆる地域の国で購入が可能ですが、主にその取引所のある国の貨幣でしかの売買しか行なえません。
つまり日本であれば日本円がビットコインに交換できる貨幣といえます。ただ海外の取引所で交換するなどすれば外国通貨とも交換が可能です。

なお、ビットコインを利用するさいの注意点としては取引所で5万円分のビットコインを購入したからといって、5万円分の通貨が送金できるわけではないということです。あくまでも海外FXの取引は米ドルかユーロで取引されるためビットコインは海外FX業者側が両替をすることになります。

この際にレートが変動していると購入時に5万円分のビットコインであってもその価値が増減します。