ビットコインを取引をするときの取引所の仕組みについて

取引をするときの仕組み

ビットコインは2009年に発明されたものですが、アメリカ人が発明したわけではありません。
これは意外かもしれませんが、実は日本人が発明したものです。それがアメリカなどで流通をし世界中に広まっていったという経緯があります。このようなビットコインは、仮想通貨といわれるものです。
仮想通貨というと、電子マネーなどが思い浮かぶかもしれません。基本的にはその考え方で問題ありませんが、電子マネーと全く異なることは、このビット・コインには取引所があることです。
基本的に取引所を通じて取引きされるものになります。ですので、取引する時には手数料を取られることになります。普通、電子マネーの場合に預金をすることはできてもそのために手数料をとらえることはないでしょう。そういう意味においては全く異なるものになります。また、発行責任者がいないことも特徴の一つです。
では、取引きをする場合はどのような仕組みになっているでしょうか。
基本的に買い主と売り主の間を仲介するのが取引所になります。この取引き所は日本にはありませんが、日本で使える取引所は10か所ほどになっています。

ビットコインで通貨の取引ができる理由と現状について

ビットコインを所有していると取引きをすることができます。例えば、アメリカなどではビットコインで食料品を購入することができたり、洋服を購入することができるのです。つまり、この点に関しては日本でいう電子マネーと同じものになります。
ただし、今の段階で日本ではビットコインはあまりはやっていません。なぜアメリカではやって日本ではやらないのでしょうか。
その理由は、アメリカにはビットコイン長者といわれる人がいます。そういった人が輩出されたことから、メリットはあると思い込んだ多くの人が、後から続いたというわけです。その結果、アメリカでは2000か所以上ビットコインを使うことができるお店があります。
一方日本に関しては、ビットコイン長者がいないため、そのあとに続く人がいないのです。実際に日本でビットコインを支払ってもよいお店は60か所しかないため、普通の買い物では使うことがあまりできません。
ではどのような利用方法があるかといえば、株やFXのと同じように投資としての意味があります。ビットコインは価値が上がったり下がったりしますので、所有して価値が上がれば売却をすることで、利益を出すことができます。