ビットコインキャッシュとは?現在のレートは?

ビットコインは新聞報道にも大きく取り上げられ広く認知されましたが、昨年そこから派生したビットコインキャッシュも注目されつつあります。

ビットコインキャッシュとは略してBCHとも言われ、新しい仮想通貨のことです。元々のビットコインが取引量の増加に伴い取引の速度が低下し使い勝手が悪くなったため、その問題を解決するために生まれました。
BCHの優れているところは、ビットコインと同じ使い方ができるので操作方法を新しく覚える必要がないところです。またビットコインよりセキュリティーも向上したため取引でのリスクが軽減されています。

現在のレートはBCH1に対して7万円前後です。時価総額は8兆円にもなり、本家のビットコインに迫る勢いです。

市場の取引量によって価格は日々変動しますので損をしないように注意しましょう。BCHで取引するには口座開設が必要です。
ネットで簡単に開設ができますが、本人確認の証明書などを予め準備しておきましょう。

取引には手数料もかかりますので、そのあたりも充分気をつけて運用して下さい。
BCHは歴史の浅い仮想通貨ですが、使い勝手の良さから今後も成長を続けていきますので、長いスパンで落ち着いて運用することが大切です。

仮想通貨チャートから見るおすすめの取引通貨は?

仮想通貨にはBCHをはじめ様々な種類があります。取引を始める時に気になるのは価格の動きです。
資産運用を考えるならば、値動きの少ない仮想通貨より安く買って高く売ることができる仮想通貨を利用したいところです。

但しセキュリティーがしっかりしていないと仮想通貨が流出した時に多額の損失を抱えることになります。そこでおすすめの取引通貨は、やはりBCHになります。

セキュリティーの高さは言うまでもありませんが、取引人口の多さもおすすめなポイントです。また取引手数料が安いところも魅力です。取引は頻繁に行うと、そのたびに手数料がかかりますので損をする場合もあります。複数の仮想通貨の値動きをリアルタイムで見たいのであれば仮想通貨チャートアプリをダウンロードして利用すると良いでしょう。

ビットコインやイーサリアム、ライトコインなどの値動きが見られるだけでなく、購入や売却も簡単にできます。仮想通貨チャートは短時間で売買する場合と長いスパンの場合に分かれます。
どちらが良いかは一概に言えませんが、ハイリスクハイリターンを狙うなら値動きの激しい仮想通貨を選びましょう。

多額の損失をだしたくないなら値動きが落ち着いている仮想通貨がおすすめです。

ビットコイン所得はいくらから税金がかかるの?

ビットコインの投資は価値があがり豊富な利益を出した人も多くいますが、気になる点は税金です。

ビットコインは消費税はかかりませんが、所得税などの対象となるため確定申告の必要になる人がいます。
確定申告が2000万円以上の年間給与所得がある人や2か所以上働いていて、本業の給与以外の年収が20万円以上ある人などですが、ビットコインの利益は給与所得や退職所得以外の収入が年間20万円以上という項目に当てはまります。ビットコインの利益は総合課税の累進課税制度の対象となります。
利益が増えれば増えるほど、課税額も上がっていきます。

いくらから税金がかかるかは雑所得か譲渡所得かによって違いがあります。
雑所得の利益の計算は収入から必要経費を引いた金額が利益となりますが、ビットコインの場合には売値から買値を引いた金額が利益となります。

年間利益が20万円を超えたら確定申告が必要です。譲渡所得の場合には所得費用と譲渡費用から50万円を引いた金額が利益となります。
ビットコインの場合には売値から買値と手数料と50万円を引いた金額が利益です。

譲渡所得には特別控除枠があるので年間利益が50万円を超えなければ税金を支払う必要はありませんが、他に収入がある人は注意が必要です。

仮想通貨を買える取引所はどこ?

仮想通貨取引所では基本的に仮想通貨を購入する方法は、販売所と取引所の2種類あります。

販売所は販売元から直接購入し、取引所は他のユーザーから購入します。取引所では株式の売買などに使われる板があります。
板は購入したい金額と売りたい金額の注文が並んでいます。仮想通貨がすぐにでも欲しいときには販売所がおすすめです。

販売所では欲しい数量を入力して購入するだけなので簡単に素早く購入することができます。
デメリットは手数料が高い点です。仮想通貨を安く購入したいときには取引所がおすすめです。仮想通貨はいくらから購入できるか心配になりますが10円でも購入が可能です。

仮想通貨は日本円と違って小数点以下で購入することができます。
価格高騰からから趣味で投資する人は小数点以下で購入する人が増えています。小数点以下で購入することは仮想通貨で当たり前になっています。
日本円で換金したいときには、取引所にて売却したい数量と価格を確認してコインを売るにすると日本円に換金することができます。

売却する時の注意点は希望の価格で購入しても良いという人が現れるまで待つことになります。
すぐにでも売りたい場合には、希望価格でなくても購入したい人が現れている価格まで下げて売却するようにします。

ビットコイン保有のSegWitの使用率は?

SegWit2xとは、11月中旬に起きることが予定されていたハードフォークの計画です。

実は、SegWit2xハードフォークは11月中旬に起きる予定であった「B2X」という新しい仮想通貨の分裂ことだけを指すわけではありません。
ビットコインは8月にSegWitという機能が実装されました。これが第一段階の計画です。SegWitという機能が実装されたことでスケーラビリティ問題がいくらか軽減されますが、それだけでは完全ではありません。

そこで、11月中旬にブロックサイズを現在の1MBから2MBに拡大するという計画も立てられていました。
その2段階の計画のことをSegWit2xと言うようです。結局、11月に予定されていたSegWit2xは中止されました。ビットコインにSegWitが実装されましたが、現在はまだ対応している取引所やウォレットは少ないようです。

SegWitは簡単に言うと取引データを小さくする技術なので、ネットワークの混雑を解消し、手数料を安くしてくれます。
取引所やウォレットを選ぶ1つの基準として、SegWitに対応しているかどうかというポイントも重視しましょう。

仮想通貨のハードフォークニュースが席巻

ビットコインは8月1日にハードフォークを実施しました。この大きな理由が、SegWit2xに反対するマイナーが多かったということがあげられます。

SegWit2xに反対するマイナーが、「ビットコインキャッシュ」というSegWitを実装していない仮想通貨を誕生させました。
「ビットコインキャッシュ」はSegWitを実装していないかわりに、ブロックサイズを8MBに拡大させています。

「SegWitを実装しなくてもブロックサイズを8MBに拡大させたらスケーラビリティ問題は解決できる」というのがビットコインキャッシュを生み出した人達の主張です。
その後、10月24日にもビットコインのハードフォークが起き、「ビットコインゴールド」が生み出されました。

ビットコインゴールドはSegWitに対応していますが、一般的な家庭にあるパソコンでも簡単にマイニングができるようになっているという部分で本家のビットコインとは異なります。
新しく誕生した仮想通貨をもらうためにはアカウントにビットコインを入れておくことが条件です。基本的にはビットコインと同じ数量のハードフォークコインがもらえます。

しかし、対応していない取引所もあるのであらかじめ調べておきましょう。

ビットコインはITから誕生した有効な仮想通貨

ビットコインは仮想通貨の1つでお金として使える画期的な商品です。

お金には円やドルが存在していますが、国により使える通貨が決まっています。画期的な金融商品ビットコインは国に関係なく自由にやり取りをする事ができるため円建てにも対応しているのが特徴です。

もともとビットコインはある日本人により論文が発表され、実際にインターネット上で使えるように作られました。IT技術を駆使したものなのでウェブ上で使用できるのがメインとなっている商品です。
最近では店舗でも利用できる様になっているため使えるサービスはどんどん増えています。

基本的に銀行に預金しているお金は銀行が管理をしているのが特徴です。ビットコインには銀行といったものがなく、ピア・トゥ・ピアを使い全員が対等に管理をしています。
専用のソフトウェアをインストールすれば参加することができる、インターネットに繋いでいれば利用できるシステムです。

送金するときには送金リクエストを正しいかどうか判断するためにブロックチェーンを使っています。
これは正しい記録の集まりで送金者が送金先にちゃんとビットコインを送れるようにサポートしてくれ仕組みです。改ざんといった不正もガードできる画期的なシステムを採用しています。

Itmediaでは連日ニュースや情報を上げているほどの人気ぶりで勢いはとどまらないです。

仮想通貨の口座開設、アカウント作成登録方法

実際にビットコインを使いたいときや貯めたいときは仮想通貨の口座を開設すればよいです。

開設をするには取引所を利用してアカウントを作成しウォレットを作るのが一般的といえます。アカウント作成時にはメールアドレスが必要になるので用意しておきましょ%8

ビットコインのクラウドマイニングは個人では難しくなっている

ビットコインをはじめとする仮想通貨は、現在においては為替や株式のように取引所による取引によって入手することが一般的になっています。

しかし、本来はマイニングによって入手するものでした。マイニングとは、暗号化されている仮想通貨の認証作業を行うことによって、その報酬としてコインを受け取ることが出来るという制度です。

仮想通貨の黎明期は個人が自分のパソコンを利用してマイニングを行っていました。
しかし、ビットコインは発行枚数の上限に近づくごとにマイニングの難易度が高まることに加えて、仮想通貨の価値が高まったことが原因で投資としての側面を持つようになり、企業がマイニングに参入するようになったのです。
そのため競争率が激しくなり、マイニングの難易度がさらに高まりました。

現在のマイニング情勢は、特にビットコインにおいてASICと呼ばれる高価な専用ハードウェアを用いて組織的にマイニングを行う中国企業が大きな割合を占めています

しかし、アルトコインをなどの新興仮想通貨ではまだ個人がマイニングによって入手する余地が残されているので、マイニングを試してみるならそういった競争率が低い通貨を選ぶことが大切です。

ビットコインのクラウド採掘をする企業も!

個人によるマイニングが難しくなったことによって、最近ではクラウドマイニングという事業も登場しています。

これは、企業が行っているマイニング事業に個人が投資をするという新しいマイニングの形態です。

クラウドマイニング企業が行う作業自体は通常のマイニングと変わりませんが、個人の投資によって設備を増強することが容易になります。
投資家はマイニングの成果を投資金額に応じて配当という形で受け取ることができ、自らマイニングを行うことなく仮想通貨を手に入れることが可能なシステムになっています。

クラウドマイニングに投資するメリットとしては、自分自身でマイニング用の機材を所有する必要がないことやマイニングに関する知識すら求められないということが挙げられます。

企業に作業を一任できるので、投資家はマイニングに時間を割くことがありません。
逆に、期待したほどの配当を受け取ることが出来ないことがあったり、市場取引における仮想通貨の価値が下がることで投資金額を下回る可能性があるといったデメリットがあります。

加えて、マイニング企業が倒産すると投資資金の返還も受けられない可能性が高いのです。

仮想通貨の投資で得た利益は税金がかかるの?

いまインターネット上で話題沸騰の金融商品といえば仮想通貨です。

イーサリアムや多くの商品が登場し、初期よりも加熱している中これから仮想通貨取引を始めたいのなら税金を知っておくといいでしょう。
基本的に仮想通貨は現物のない商品ですが、換金手続きを行うと現金化出来るのが特徴です。

数多くある銘柄ですが、どれも現金化出来るので取引をする時は税金の発生に気をつける必要があります。
基本的に仮想通貨は雑所得として扱われ、他の所得のどれにも該当しない存在となっています。この雑所得は課税対象の額が増えると、その分税率が課される特殊なものなので大量の取引をしている人は注意が必要です。

他の給与所得と一緒に税額が計算される仕組みをしていて最大45%分の税金が発生します。

また他の所得のように控除額が設定されていないので、そのままの金額を支払うのが特徴です。
他の所得があるときにはまとめて損益計算もできないので損失の繰越ができない仕組みをしています。

雑所得となっているので当然確定申告も必要になる、利益がいくら発生しても必ず確定申告をしないといけないので覚えておきましょう。

仮想通貨を取引所で他の通貨に替えて利益が発生したら税金は?

これから仮想通貨を取引所で購入したい人はチョット知っておくことがあります。

価値のある通貨なので資産運用の手段として使えるものですが、税金が結構発生するのがネックです。
しかし所有している間はまったく税金を支払う必要がない特徴も持ちます。これはどういうことかというと仮想通貨は所持している間は現金ではないので税金が発生しない仕組みです。

取引所にて換金をした時は銀行の通帳に記入されます。この時点で課税対象になってしまいますが、現金化しなければ税金を支払う必要がない商品です。
他の通貨に変えてしまっても現物のないものなら課税対象にはなりません。

例えば取引所で電子マネーの交換すれば現金化ではないので税金はかからず、電子マネーを使って買い物が可能です。

そのままの状態で商品を購入しても大丈夫なのでネット通販で大いに役立つでしょう。
資産価値があるだけでなく使い勝手も良い金融商品なので購入希望者は必見です。価格も時価により変動するため、上手く利用すれば安く買い物もできます。

仮想通貨はなにかと理にかなっている金融商品なので、取引所を利用して売買してみるといいでしょう。

ビットコインをxmで出金する際に出金手数料は必要?

海外FX業者のxmを利用するさいの入出金の方法はクレジットカード、ビットコイン、銀行送金の3種類がありますが、海外FXに共通していることとして、クレジットカードやビットコインでの出金はクレジットカードで入金した金額分のみであり、また利益のお金は返金することができません。

ただし出金する際の手数料は無料です。つまりビットコインを使って出金する場合には手数料が発生しませんが、出金できる金額は入金した金額以内という制約があります。
これはどの海外FXを利用しても同様で、よく知られるトラブルのひとつです。

一方でそれ以上のお金、つまり利益を得た分のお金はどのようにして出金するのかというと、銀行への送金となります。
このためクレジットカードやビットコインの口座を持っていても、得られた利益分は銀行口座が無ければ出金することができません。
つまりいずれにしても海外FXを利用する場合には銀行口座が必要になります。

銀行振込みを利用する場合にも気になるのが手数料ですが、大手海外FX業者のxmの場合には入金時の手数料はxmが負担してくれます。

一方で出金時にも現地での銀行振込み費用はxmが負担してくれますが、中継・着金銀行で発生する手数料は出金刷る側が支払わなければならず、2千円から3千円ほどの手数料が発生します。

ビットコイン取引を行なう上で入金・送金が可能な通貨

ビットコインを使った出入金をする場合には、ビットコインウォレットが必要です。ビットコインウォレットはそれぞれの端末に用意される専用の財布のことで、誰でもそのアプリを手に入れることができます。
海外FX業者とはこのビットコインウォレットと直接やり取りをすることで入出金が可能です。

一方でビットコインウォレットにはビットコインが存在しませんから手に入れる必要があります。一般的には取引所を通じて売却します。
取引所ではビットコインを売りたい人と買いたい人がそれぞれ注文を出し合っており、それらから購入することができます。

ビットコインはあらゆる地域の国で購入が可能ですが、主にその取引所のある国の貨幣でしかの売買しか行なえません。
つまり日本であれば日本円がビットコインに交換できる貨幣といえます。ただ海外の取引所で交換するなどすれば外国通貨とも交換が可能です。

なお、ビットコインを利用するさいの注意点としては取引所で5万円分のビットコインを購入したからといって、5万円分の通貨が送金できるわけではないということです。あくまでも海外FXの取引は米ドルかユーロで取引されるためビットコインは海外FX業者側が両替をすることになります。

この際にレートが変動していると購入時に5万円分のビットコインであってもその価値が増減します。

人気のチャートmt4はビットコインにも使用可能か?

ビットコインのような仮想通貨を運用する際には、とにかく相場の変動に注意しなければいけません。
相場は常に変動しており、購入した額に対してBTCが下落してしまう可能性があるからです。

この相場の動きをチェックする作業は、FXと似ています。そこで、FXでよく使われるチャートであるmt4(MetaTrader4)のEAロジックを使用できるかについて説明していきます。

FXでは常にチャートの動きをチェックしなければいけません。
チャートをチェックしてトレードをするのですが、毎日開くものとなると、わざわざ取引所のホームページに行ってログインをするのは面倒です。
そこで、各自の端末からmt4を立ち上げるだけでチャートを見ることができ、さらに売買ができるようになると、投資家として非常に便利なツールとなります。

この点、ビットコインでもこのツールは利用することができます。特別な設定は不要で、インストールすだけで自動的に使用できるようになります。

よく見る画面ですから、当然見やすく扱いやすい方がいいのですが、mt4は、多くの人から支持を受けており、今なお人気のツールですので間違いないでしょう。

ビットコイン取引所「MT.GOX」はなぜ破綻したのか?

ビットコインは近年人気を集めていますが、このビットコインの制度そのものを揺るがした事件があります。それは、MT.GOX事件です。

ビットコインはシステム上で、いくつもの会社によって運営されています。
その会社の一つがMT.GOXです。MT.GOXが事件を起こしたことで、ビットコインに問題があるのではという疑念を持たれがちですが、この場合、MT.GOXだけに問題があったため、ビットコイン制度そのものについては、特に信頼性の低下までにはつながりませんでした。

MT.GOXが破綻したのは、MT.GOXの社長がビットコインを私的に流用して自分の口座に入れたという詐欺まがいの行為を行ったためと言われています。

つまり、会社の内輪でのトラブルなのです。ここで、ビットコイン制度に問題がないといっても、ビットコインを運営している会社には問題がある可能性は残っています。
ですから、会社の選択は慎重に行わなければいけません。この選択は、インターネットで評判を情報収集するなどして判断していきましょう。

はじめのうちは、大手の取引所を選択すれば、詐欺のようなことからは逃れられることができるでしょう。

ビットコインでFX取引はできるのか?

ビットコインを使った投資方法としては、単に購入してレート変動によって利益を得るというものです。

いわゆるバンクが行っている外貨預金と同じ性質のもので、大きな利益を得るためにはかなりの資金が必要とされます。
このためビットコインで利益を得るというのは、一部の限られた資産家に限られていましたが、近年になってFXのような取引が行えるサービスも取引所によって提供されるようになっています。

FXは、外国為替証拠金取引のことですが、これをビットコインに応用したものです。仕組みとしては証拠金を預けレバレッジを掛けることで数倍から数十倍の資金を動かせるというものです。
ビットコインでも同様に証拠金を預けることで数倍から数十倍の資金を動かして、相場変動による差益を得ることが可能です。

一方でFXでは価格の急激な変動が発生すると大きな損失を被るリスクがあります。
このため取引をする上では十分な資金をもって行う必要があります。

また決済をするタイミングなどにも考慮する必要があり、その点においてFX同様に慎重に取引をするか、自動トレードなどを使ってリスクヘッジした取引を行うことが失敗しない上にも重要です。

ビットコインのトレードは売りからも開始できる

ビットコインのFX取引のメリットとしては、少ない証拠金から取引が行われることで、これまで大きな資金がなければ利益を得ることができなかったビットコインを使った投資方法が少ない資金からでも始めることが可能になります。

またFXにおいての特徴として、売りからもトレードが出来るということが大きな違いです。
外貨預金のような場合においては、買いからしか入ることができず将来的なその外国通貨の値上がりを狙ってしか差益を得ることができません。反対に自国通貨が値上がりすると損失を被ることになりますから、継続的なトレードは難しくなります。

一方でFXにおける証拠金取引では、あくまでも預けた証拠金をもとに取引を行います。このため売りからスタートすることもできます。
売りが使えるということは変動する交換レートから絶えず利益を得られるチャンスを持てるということで、リスクヘッジをするという意味でも強みがあります。

例えば買いに失敗しても同等数の売りを保有することで損失を固定することができます。また買いを見切って売りに乗り換えることで利益を得られるといったトレードも可能になります。

通貨トレード以外での使い道

ビットコインの使い道は、FXと同じような通貨トレードによる投資や、ネットショップでの決済などに使用することができます。
ビットコインの本来の目的は仮想通貨としての決済手段ですので、ネットショップでの買い物には重宝します。

ネットショップでの買い物では、銀行振込やクレジットカード決済、代金引換などで代金を支払うことができますが、ビットコインによる決済に対応しているネットショップだと、商品の代金をビットコインで支払うことが可能です。

日本国内ではビットコインによる支払いに対応しているネットショップや通販サイトはまだ多くありませんが、アメリカなどに本店があるネットショップでは、ビットコインによる決済に対応していることがあります。

ビットコインで決済ができるネットショップは増えており、今後もますます増えると予測されます。
ネットショップでの買い物でビットコインで代金を支払う方法は、取引所に開設しているウォレットから支払うことになります。
ネットショップの中にはビットコインで代金を支払うと商品代金を割引してもらえる場合があります。

海外資本の大手のインターネットショッピングモールのサイトでは、ギフト券をビットコインで購入できるようになっています。

大手インターネットショッピングモールが仮想通貨の取扱を開始したことにより、今後は投資目的だけでなく消費でも仮想通貨がますます使用されるようになると予想できます。

取引は個人情報と全く繋がらない

ビットコインは国や団体などが発行している通貨ではなく、電子上だけに存在しているバーチャルな通貨です。

政府や銀行が管理をしているわけではありませんが、発行量には上限があります。
無尽蔵に発行することができないことがビットコインの信用力に繋がっています。

ビットコインの取引をする際には、取引所にウォレットを開設することが必要になりますが、ウォレットの開設に際しては氏名や住所などの最低限の個人情報だけを提供するだけでよく、詳細な個人情報の提供は不要です。

ビットコインの取引所に開設しているウォレットの残高や取引履歴は全て公開されますが、取引の匿名性が保たれているため、残高や取引履歴が公開されても全く問題はありません。
その理由は、ウォレットのビットコインアドレスと個人情報は一切繋がっていないからです。

ビットコインアドレスが公開されても、そのビットコインアドレスは誰のものなのかが一切わからないため、実質的には匿名による取引が可能になります。
ただし、取引所だけには最低限の個人情報を提供しているため、取引所の関係者だけはビットコインアドレスの所有者が誰なのかがわかります。
しかし、取引所は個人情報保護が徹底されているため、個人情報が漏洩する心配はありません。