ビットコインをxmで出金する際に出金手数料は必要?

海外FX業者のxmを利用するさいの入出金の方法はクレジットカード、ビットコイン、銀行送金の3種類がありますが、海外FXに共通していることとして、クレジットカードやビットコインでの出金はクレジットカードで入金した金額分のみであり、また利益のお金は返金することができません。

ただし出金する際の手数料は無料です。つまりビットコインを使って出金する場合には手数料が発生しませんが、出金できる金額は入金した金額以内という制約があります。
これはどの海外FXを利用しても同様で、よく知られるトラブルのひとつです。

一方でそれ以上のお金、つまり利益を得た分のお金はどのようにして出金するのかというと、銀行への送金となります。
このためクレジットカードやビットコインの口座を持っていても、得られた利益分は銀行口座が無ければ出金することができません。
つまりいずれにしても海外FXを利用する場合には銀行口座が必要になります。

銀行振込みを利用する場合にも気になるのが手数料ですが、大手海外FX業者のxmの場合には入金時の手数料はxmが負担してくれます。

一方で出金時にも現地での銀行振込み費用はxmが負担してくれますが、中継・着金銀行で発生する手数料は出金刷る側が支払わなければならず、2千円から3千円ほどの手数料が発生します。

ビットコイン取引を行なう上で入金・送金が可能な通貨

ビットコインを使った出入金をする場合には、ビットコインウォレットが必要です。ビットコインウォレットはそれぞれの端末に用意される専用の財布のことで、誰でもそのアプリを手に入れることができます。
海外FX業者とはこのビットコインウォレットと直接やり取りをすることで入出金が可能です。

一方でビットコインウォレットにはビットコインが存在しませんから手に入れる必要があります。一般的には取引所を通じて売却します。
取引所ではビットコインを売りたい人と買いたい人がそれぞれ注文を出し合っており、それらから購入することができます。

ビットコインはあらゆる地域の国で購入が可能ですが、主にその取引所のある国の貨幣でしかの売買しか行なえません。
つまり日本であれば日本円がビットコインに交換できる貨幣といえます。ただ海外の取引所で交換するなどすれば外国通貨とも交換が可能です。

なお、ビットコインを利用するさいの注意点としては取引所で5万円分のビットコインを購入したからといって、5万円分の通貨が送金できるわけではないということです。あくまでも海外FXの取引は米ドルかユーロで取引されるためビットコインは海外FX業者側が両替をすることになります。

この際にレートが変動していると購入時に5万円分のビットコインであってもその価値が増減します。

ビットコインでFX取引はできるのか?

ビットコインを使った投資方法としては、単に購入してレート変動によって利益を得るというものです。

いわゆるバンクが行っている外貨預金と同じ性質のもので、大きな利益を得るためにはかなりの資金が必要とされます。
このためビットコインで利益を得るというのは、一部の限られた資産家に限られていましたが、近年になってFXのような取引が行えるサービスも取引所によって提供されるようになっています。

FXは、外国為替証拠金取引のことですが、これをビットコインに応用したものです。仕組みとしては証拠金を預けレバレッジを掛けることで数倍から数十倍の資金を動かせるというものです。
ビットコインでも同様に証拠金を預けることで数倍から数十倍の資金を動かして、相場変動による差益を得ることが可能です。

一方でFXでは価格の急激な変動が発生すると大きな損失を被るリスクがあります。
このため取引をする上では十分な資金をもって行う必要があります。

また決済をするタイミングなどにも考慮する必要があり、その点においてFX同様に慎重に取引をするか、自動トレードなどを使ってリスクヘッジした取引を行うことが失敗しない上にも重要です。

ビットコインのトレードは売りからも開始できる

ビットコインのFX取引のメリットとしては、少ない証拠金から取引が行われることで、これまで大きな資金がなければ利益を得ることができなかったビットコインを使った投資方法が少ない資金からでも始めることが可能になります。

またFXにおいての特徴として、売りからもトレードが出来るということが大きな違いです。
外貨預金のような場合においては、買いからしか入ることができず将来的なその外国通貨の値上がりを狙ってしか差益を得ることができません。反対に自国通貨が値上がりすると損失を被ることになりますから、継続的なトレードは難しくなります。

一方でFXにおける証拠金取引では、あくまでも預けた証拠金をもとに取引を行います。このため売りからスタートすることもできます。
売りが使えるということは変動する交換レートから絶えず利益を得られるチャンスを持てるということで、リスクヘッジをするという意味でも強みがあります。

例えば買いに失敗しても同等数の売りを保有することで損失を固定することができます。また買いを見切って売りに乗り換えることで利益を得られるといったトレードも可能になります。

取引をするときの取引所の仕組みについて

ビットコインは2009年に発明されたものですが、アメリカ人が発明したわけではありません。

これは意外かもしれませんが、実は日本人が発明したものです。
それがアメリカなどで流通をし世界中に広まっていったという経緯があります。このようなビットコインは、仮想通貨といわれるものです。
仮想通貨というと、電子マネーなどが思い浮かぶかもしれません。

基本的にはその考え方で問題ありませんが、電子マネーと全く異なることは、このビット・コインには取引所があることです。

基本的に取引所を通じて取引きされるものになります。ですので、取引する時には手数料を取られることになります。普通、電子マネーの場合に預金をすることはできてもそのために手数料をとらえることはないでしょう。そういう意味においては全く異なるものになります。また、発行責任者がいないことも特徴の一つです。
では、取引きをする場合はどのような仕組みになっているでしょうか。

基本的に買い主と売り主の間を仲介するのが取引所になります。この取引き所は日本にはありませんが、日本で使える取引所は10か所ほどになっています。

通貨の取引ができる理由と現状について

ビットコインを所有していると取引きをすることができます。

例えば、アメリカなどではビットコインで食料品を購入することができたり、洋服を購入することができるのです。つまり、この点に関しては日本でいう電子マネーと同じものになります。
ただし、今の段階で日本ではビットコインはあまりはやっていません。

なぜアメリカではやって日本ではやらないのでしょうか。
その理由は、アメリカにはビットコイン長者といわれる人がいます。
そういった人が輩出されたことから、メリットはあると思い込んだ多くの人が、後から続いたというわけです。その結果、アメリカでは2000か所以上ビットコインを使うことができるお店があります。

一方日本に関しては、ビットコイン長者がいないため、そのあとに続く人がいないのです。
実際に日本でビットコインを支払ってもよいお店は60か所しかないため、普通の買い物では使うことがあまりできません。

ではどのような利用方法があるかといえば、株やFXのと同じように投資としての意味があります。
ビットコインは価値が上がったり下がったりしますので、所有して価値が上がれば売却をすることで、利益を出すことができます。

どの国の貨幣とも互換性がある通貨

ビットコインについてブログで紹介している人は多いです。
その目的というのは単純に言えばお金目当てということで、具体的には広告費が儲かります。

広告費を儲けるというのは現在では個人でもかなり楽に儲けることのできる方法で、仮想通貨に関してもそれをネタにして広告収入を稼ぐということが可能になります。
広告を出して、それをクリックされたり、登録してもらうことによってブログ運営者にお金が入ります。

元手なしでお金が儲かるのでかなりお勧めの方法になります。
値動きを分析して売買することによって儲けるということも可能ですし、マイニングというのもあります。
これは自分がビットコインを取引することによって儲けるのではなく、取引データの解析をすることによって儲けるという手法になります。

ただ本格的に儲ける場合は、ブログでビットコインを紹介するか、投資であれば株やFXが良いでしょう。実際に自分がやっていない人も案外ブログに書いて儲けているということも多いです。

サイトに登録して仮想通貨を取引するもの

ビットコインを含めて仮想通貨は儲かる可能性は高いですが、値動きを読みにくものでもあります。投資の方法としては安く買って高く売るということで、株やFXと同じ手法になります。
そして投資の判断基準としても、チャートによるテクニカル分析が基本になります。
ビットコインの場合は株やFXに比べれば存在そのものが今後どうなるかわからない場合があるので、その辺のニュースには注目した方が良いのですが、短期的な取引ではニュースは関係ないということになります。
株やFXにしても同じなのですが、経済ニュースなどを見てファンダメンタル分析をする人は多いのですが、今はそれはメリットがないでしょう。

ファンダメンタル分析をしようと思っても、インターネット上にあるニュースというのは遅れて市場に出回ります。

要するに、機関投資家が情報を見て行動してから市場にニュースになるので、それを見て行動しても遅すぎるということで、むしろ機関投資家が売買したものがチャートに反映される方が早いです。
なので、ニュースは後付けに近いともいえるでしょう。