ビットコインのクラウドマイニングは個人では難しくなっている

ビットコインをはじめとする仮想通貨は、現在においては為替や株式のように取引所による取引によって入手することが一般的になっています。

しかし、本来はマイニングによって入手するものでした。マイニングとは、暗号化されている仮想通貨の認証作業を行うことによって、その報酬としてコインを受け取ることが出来るという制度です。

仮想通貨の黎明期は個人が自分のパソコンを利用してマイニングを行っていました。
しかし、ビットコインは発行枚数の上限に近づくごとにマイニングの難易度が高まることに加えて、仮想通貨の価値が高まったことが原因で投資としての側面を持つようになり、企業がマイニングに参入するようになったのです。
そのため競争率が激しくなり、マイニングの難易度がさらに高まりました。

現在のマイニング情勢は、特にビットコインにおいてASICと呼ばれる高価な専用ハードウェアを用いて組織的にマイニングを行う中国企業が大きな割合を占めています

しかし、アルトコインをなどの新興仮想通貨ではまだ個人がマイニングによって入手する余地が残されているので、マイニングを試してみるならそういった競争率が低い通貨を選ぶことが大切です。

ビットコインのクラウド採掘をする企業も!

個人によるマイニングが難しくなったことによって、最近ではクラウドマイニングという事業も登場しています。

これは、企業が行っているマイニング事業に個人が投資をするという新しいマイニングの形態です。

クラウドマイニング企業が行う作業自体は通常のマイニングと変わりませんが、個人の投資によって設備を増強することが容易になります。
投資家はマイニングの成果を投資金額に応じて配当という形で受け取ることができ、自らマイニングを行うことなく仮想通貨を手に入れることが可能なシステムになっています。

クラウドマイニングに投資するメリットとしては、自分自身でマイニング用の機材を所有する必要がないことやマイニングに関する知識すら求められないということが挙げられます。

企業に作業を一任できるので、投資家はマイニングに時間を割くことがありません。
逆に、期待したほどの配当を受け取ることが出来ないことがあったり、市場取引における仮想通貨の価値が下がることで投資金額を下回る可能性があるといったデメリットがあります。

加えて、マイニング企業が倒産すると投資資金の返還も受けられない可能性が高いのです。

パソコンを利用しての採掘は誰でもできるわけでは無い

ビットコインは、パソコンの中で仮想通貨として存在しています。普段からお金を利用している人にとっては、この仮想通貨の意味がよくわからないはずです。
分かりやすく言えば、目に見えない現金で、例えば、キャッシュカードなどがこれにあたります。あるいは電子マネーと言ったほうがわかりやすいでしょうか。

いずれにしても、目に見えないお金がありますので、信頼できるかどうかが不安になるのではないでしょうか。ですが、このコインは万全の対策をしているため、まず無くす事はないでしょう。
ただ過去には、取引所が大量のコインをなくしてしまったと言うことがあり、信頼が一気に落ちたと言う経験があります。

ただ、それはそういった事例が1回だけあったと言うだけで、それが以外は安全になります。ビットコインの信用が上がってきていますので、コインが高値で売買されているのです。

ビットコインを手に入れるためには、パソコン上でブロックを発掘して手に入れる方法があります。
それ以外にも現金と交換したり、間接的に購入することで手に入れることが可能です。

マイニングして手に入れる

仮想通貨としてのビットコインの手に入れる方法は3つありますが、この中でマイニング、つまり発掘をする方法が1番なじみが薄いのではないでしょうか。

ビットコインに興味を持った人も、発掘をすると言う意味がよくわからずに、これは難しいものだと言う先入観を持ってしまいます。
ですが、実際には、そのような事はありません。まず大前提として、発掘をすると言うのはあくまで例え話に過ぎません。

発掘する場合は通常、スコップ等を所有してブロックを壊すイメージがあるかもしれませんが、パソコン上でブロックがあるわけでは無いのです。
パソコン上にあるのは、ブロックではなく暗号になります。この暗号解くことをマイニングあるいは発掘といいます。

暗号は誰にでも解けるわけではありません。
特殊なソフトを使って、難しい暗号ときます。そのためにはかなりのお金がかかる上に、電力の使い方も尋常では無いのです。
ですが、暗号を解読して、そのビットコインが本物であることを認証することができれば、コインを手に入れることができるのです。

このようにして、ビットコインを手に入れることが可能になります。