ビットコイン所得はいくらから税金がかかるの?

ビットコインの投資は価値があがり豊富な利益を出した人も多くいますが、気になる点は税金です。

ビットコインは消費税はかかりませんが、所得税などの対象となるため確定申告の必要になる人がいます。
確定申告が2000万円以上の年間給与所得がある人や2か所以上働いていて、本業の給与以外の年収が20万円以上ある人などですが、ビットコインの利益は給与所得や退職所得以外の収入が年間20万円以上という項目に当てはまります。ビットコインの利益は総合課税の累進課税制度の対象となります。
利益が増えれば増えるほど、課税額も上がっていきます。

いくらから税金がかかるかは雑所得か譲渡所得かによって違いがあります。
雑所得の利益の計算は収入から必要経費を引いた金額が利益となりますが、ビットコインの場合には売値から買値を引いた金額が利益となります。

年間利益が20万円を超えたら確定申告が必要です。譲渡所得の場合には所得費用と譲渡費用から50万円を引いた金額が利益となります。
ビットコインの場合には売値から買値と手数料と50万円を引いた金額が利益です。

譲渡所得には特別控除枠があるので年間利益が50万円を超えなければ税金を支払う必要はありませんが、他に収入がある人は注意が必要です。

仮想通貨を買える取引所はどこ?

仮想通貨取引所では基本的に仮想通貨を購入する方法は、販売所と取引所の2種類あります。

販売所は販売元から直接購入し、取引所は他のユーザーから購入します。取引所では株式の売買などに使われる板があります。
板は購入したい金額と売りたい金額の注文が並んでいます。仮想通貨がすぐにでも欲しいときには販売所がおすすめです。

販売所では欲しい数量を入力して購入するだけなので簡単に素早く購入することができます。
デメリットは手数料が高い点です。仮想通貨を安く購入したいときには取引所がおすすめです。仮想通貨はいくらから購入できるか心配になりますが10円でも購入が可能です。

仮想通貨は日本円と違って小数点以下で購入することができます。
価格高騰からから趣味で投資する人は小数点以下で購入する人が増えています。小数点以下で購入することは仮想通貨で当たり前になっています。
日本円で換金したいときには、取引所にて売却したい数量と価格を確認してコインを売るにすると日本円に換金することができます。

売却する時の注意点は希望の価格で購入しても良いという人が現れるまで待つことになります。
すぐにでも売りたい場合には、希望価格でなくても購入したい人が現れている価格まで下げて売却するようにします。

仮想通貨の投資で得た利益は税金がかかるの?

いまインターネット上で話題沸騰の金融商品といえば仮想通貨です。

イーサリアムや多くの商品が登場し、初期よりも加熱している中これから仮想通貨取引を始めたいのなら税金を知っておくといいでしょう。
基本的に仮想通貨は現物のない商品ですが、換金手続きを行うと現金化出来るのが特徴です。

数多くある銘柄ですが、どれも現金化出来るので取引をする時は税金の発生に気をつける必要があります。
基本的に仮想通貨は雑所得として扱われ、他の所得のどれにも該当しない存在となっています。この雑所得は課税対象の額が増えると、その分税率が課される特殊なものなので大量の取引をしている人は注意が必要です。

他の給与所得と一緒に税額が計算される仕組みをしていて最大45%分の税金が発生します。

また他の所得のように控除額が設定されていないので、そのままの金額を支払うのが特徴です。
他の所得があるときにはまとめて損益計算もできないので損失の繰越ができない仕組みをしています。

雑所得となっているので当然確定申告も必要になる、利益がいくら発生しても必ず確定申告をしないといけないので覚えておきましょう。

仮想通貨を取引所で他の通貨に替えて利益が発生したら税金は?

これから仮想通貨を取引所で購入したい人はチョット知っておくことがあります。

価値のある通貨なので資産運用の手段として使えるものですが、税金が結構発生するのがネックです。
しかし所有している間はまったく税金を支払う必要がない特徴も持ちます。これはどういうことかというと仮想通貨は所持している間は現金ではないので税金が発生しない仕組みです。

取引所にて換金をした時は銀行の通帳に記入されます。この時点で課税対象になってしまいますが、現金化しなければ税金を支払う必要がない商品です。
他の通貨に変えてしまっても現物のないものなら課税対象にはなりません。

例えば取引所で電子マネーの交換すれば現金化ではないので税金はかからず、電子マネーを使って買い物が可能です。

そのままの状態で商品を購入しても大丈夫なのでネット通販で大いに役立つでしょう。
資産価値があるだけでなく使い勝手も良い金融商品なので購入希望者は必見です。価格も時価により変動するため、上手く利用すれば安く買い物もできます。

仮想通貨はなにかと理にかなっている金融商品なので、取引所を利用して売買してみるといいでしょう。

仮装通貨で得た収入にかかる確定申告

ビットコインの所有目的としては決済手段としてや、投資など、いくつかのケースが考えられますが、特徴として非常に値動きが大きいことから、ここでは利益が生じることもあります。
この場合、1月1日から12月31日までの1年間に得た収入に対しては、確定申告を行う必要があります。

通常、確定申告が必要となるケースとしては、給与収入が2,000万円を超える場合、20万円を超える副業収入がある場合、2ヵ所から給与をもらっている場合、災害減免法により源泉徴収の猶予などを受けている場合が該当します。

ビットコインの場合には、2つ目となる、20万円を超える副業収入がある場合が該当し、ここでの考え方としては、副業収入の他に譲渡所得としての捉え方がされることもあります。

確定申告における所得の種類としては、給与所得をはじめとして、概ね、10項目を上げることができますが、ビットコインは、不動産やゴルフ会員権、貴金属、骨董品などの資産を譲渡した場合に生じる譲渡所得か、全ての所得に該当しない雑所得かのどちらかで申告をすることになり、判然としない場合には事前に税理士や、直接税務署への確認が必要になります。

手続きにおいては、申告書の他に必要書類を準備する必要があり、ビットコインの入出金明細書、ブロックチェーンウォレットの残高スクリーンショット、コインチェックの履歴スクリーンショットは忘れないことが大切です。

取引の利益に所得税はある?

ビットコインに関する税金は、どのような場合に課税が生じるのか理解をしておく必要があります。

まず、仮想通貨は、法改正により支払手段の1つとして扱われていますが、税法上では法的通貨や外国通貨等を除いては全てモノとして取り扱われるために、ここでは、例えば金地金などと同様な扱いが行われます。

課税が生じるケースとしては、取引によって利益を得た場合、いわゆるキャピタルゲインがあり、ここでは、含み益ではなく、売却した時点の利益が課税対象となります。
ただ、この場合どの所得区分になっているか明確になっておらず、税務署の担当者や税理士によっても意見が異なるために、事前に確認が必要となります。

まず、譲渡所得になる場合があり、ここでは、50万円の特別控除枠を利用することで、それ以下の利益には課税は行われません。
ただし、50万円の控除額は、譲渡所得全体の金額となるために注意が必要です。次に雑所得、いわゆる事業所得となる場合があります。

雑所得の場合には、原則、20万円までは申告義務は無いものの、超えてしまうと申告義務が生じることを認識しておく必要があります。

ビットコインでは、他に、譲渡所得または雑所得として申告が必要なものとしては、トレードによって得た利益、商品やサービスを利用することで得た利益、採掘によって得た利益があり、給与として支払われたとしても、利益を得た場合には該当することになります。